プジョー106の秘密のガレージ

プラモ、自転車、プジョー106、きままなブログ

考えればわかることだけれど


それでも、生きてゆくが終わって、
またほとんどテレビを見なくなった。



DVDの発売が待ち遠しい。



ディレクターズカット完全版。


未公開シーンも含まれる。


・・・未公開シーンって、
要は不要だからカットされたシーンなんだけど(笑)


このドラマに関しては、
ボツシーンでも見てみたい(笑)
ぜひ見たい(爆)


レンタル屋に通常版しか並ばなかったら・・・


もしかしたら買うかもしれない。


DVDボックス、買おうなんておもったのは生まれて初めて(笑)


まあ、これ以外はこれっぽっちも欲しいとは思わないんだけど。


・・・


話は突然かわる。


このドラマがおわって、
テレビも見る気がない。


ぼーっとみてることはあるけど。



昨日、
ナイトランを終えてのんびりしていて、
気まぐれにテレビをつけてぼーっと眺めてたら、


思わず見入ってしまった。



「ベストハウス123」


詳しい内容を紹介するのは面倒なんで要約すると、


脳の1/4を失い、運動機能、感情の起伏、言葉などを失った少女(幼女)が、
ホースセラピー(乗馬)を通じて奇跡の回復をした。

・・・というもの。


感動もしたけれど、
思わずみいってしまったのは、
ホースセラピーの効能について。


不規則な前後左右そして上下の動きに対して体が(脳が)バランスをとる。
そしてその刺激が脳にフィードバックされ、脳を活性化させる。


別に目新しい理論でもなんでもないし、
体幹のトレーニングを意識した人なら、
考えればわかることだし、
運動をすれば、その刺激が脳を活性化させるってのは、
スポーツに取り組む人ならみんなしっていることなんだけど・・・・


それでも、なるほどな〜と思いながら見た。


損傷等を受けた脳は、
失くした部分をそれ以外の部分で補おうとする力があるから、
番組の事例において、フィードバックが回復の要因のすべてではないと思われる。
でも、小さくはないと思われる。


その効能が期待できるのは乗馬だけではないはず。


ランニングでも、
乗馬ほどではないにしろ、
脳の活性化が期待できるはず。


考えれば誰でも簡単に行き着くことができる答えだけど、


それを意識できて、よかったと思う。