プジョー106の秘密のガレージ

プラモ、自転車、プジョー106、きままなブログ


今日はジョギングはやめて自転車。
毎日ジョギングだとさすがに飽きる。


家から職場までのポタのつもりだったのだが、
職場は高台にあって、激坂の頂上にあり、
最後は2キロほどのつづら折りの上り。
プチ・ラルプ・デュエズって感じ。
ここで本気になってしまった。


ペース配分、ギアの配分、ダンシングの回数、
など考え挑んだが、勾配10%超ばかり、
ポルコ・ロッシンでは上ること自体が難しかった。
ギリギリ、足はつらなかった。




フロント・インナー39
リヤ8S-26T


昔はこんな根性無しのギヤつける人いなかったんだけどね。
でっかい26Tつけてて恥ずかしかったりもした。
それでも激坂では回せず、ぎしぎし踏んで、
「重い俺が悪いんだ!!」って反省しながら上ってた・・・。


今ではインナー34、リヤ27Tなんてギヤもあったりして。
クライマーの人でもそれ使ってたりして。
(ランスがくるくる回してたからだと思うけど)


何だ・・・
おれが根性無しってわけではなかったんだ。


コンパクトドライブ欲しい。
けれど、ポルコ・ロッシンにはセットできない。
ポルコ・ロッシンは現行から2世代くらい前の自転車なのだ。


頑張れ!!ポルコ・ロッシン
・・・間違えた
頑張れ!!俺!!
(笑)