プジョー106の秘密のガレージ

プラモ、自転車、プジョー106、きままなブログ


ゴールが見えるため加速がつく206



山場の一つ、ウインドウのマスキング
失敗したら修正できないと思っていた。
しかし、
アクリルの筆塗りなら少々失敗してもリカバリーは容易。
そのことに気づいたため自信がでてきた。



意外と成功。溶剤での修正も軽微。
ところが・・・・


接着に失敗
Gクリヤーがクリヤーパーツに有効なため
使用したのだが、それが仇になった。


納豆みたいに糸を引き、
なかなか切れないGクリヤー


油断したためボディーに付着させた。
なんとデカールが溶けた。
Gクリヤー、
便利ではあるが取り扱い注意。
今更言っても遅いが。


画像がアップできないくらい痛々しい。
激しくテンションさがる。
テンションが戻るまで、2〜3日放置。


せっかく2ヶ月以上もていねいに作ってきたんだから
テンションが戻ったらあきらめずリカバリーしよう・・・


というわけで、
溶けていない方で、
ここまでのまとめの記念撮影